Message from expressing benediction

2016.12.08 start! 眞穂乃-MAHONO-が受け取ったメッセージを伝えるためのブログです♡

Message from ディバインセルフ 2017.6.3

f:id:LSM:20170603072309j:plain

 

 

 

あなたがあなたの世界を生きることは、

 

あなただけのことではありません。

 

あなたが自分の魂の声に従い

 

自らの内から湧き出でる感覚に従い

 

あなた自身の世界を生きることは、

 

波動的にもすべての人に

 

変容のインパクトとして影響を及ぼします。

 

 

 

あなたは自分なんて・・・・・・と

 

感じているかもしれません。

 

自分が変わったからといって、

 

何も変わらない・・・・・・と。

 

自分自身のことを無力だと考えるなら、

 

あなたはそういう世界の中で

 

生きることになるでしょう。

 

 

 

しかし実際のあなたが

 

あなた自らの世界を生きようと

 

心から思い行動をはじめたなら、

 

その恐怖に捉われない

 

純粋なスピリットから発する波動は、

 

すべてのものへと波及してゆくのです。

 

 

 

今の世界を創っているのは、

 

それぞれの意識・・・・・・認識によるものです。

 

現状を変えることなどできないという

 

諦めの中で生きている人が

 

大半を占めている状況では、

 

その様に世界は成るでしょう。

 

実際、長い時間そういう世界を

 

人間は生きてきたのですから、

 

集合意識にもそうした思いが

 

染み付いているのも事実です。

 

 

 

ひとりひとりが

 

本当はどういう世界に生きたいのか

 

どういうものに囲まれていたいのか

 

についてしっかりとヴィジョンを持ち、

 

自分自身の世界観の中を生きることは、

 

この共同創造の宇宙の中では

 

思っているよりも相当大切な要素です。

 

 

 

あなたがあなた自身を生きること。

 

 

 

とても当たり前のように感じる

 

言葉かもしれませんが、

 

実際に自分自身の真の思い

 

そのままに生きている人は数少ないのです。

 

 

 

人間は神を持ち上げて敬いますが、

 

自分自身のことについては

 

とても蔑ろにして生きています。

 

自分自身のことを

 

大切に扱うことができないのに、

 

どうしてあなたの周りの人たちを

 

大切に扱うことができるのでしょう。

 

自分自身をまるで神であるかのように

 

大切に扱う術を知った時、

 

自分を大切にすることと

 

周りを大切にすることが

 

イコールなのだとわかるでしょう。

 

自分自身のことを扱う時、

 

まるで神を扱うかのように敬い

 

大切に扱うことを覚えてください。

 

もし自分なんて・・・・・・

 

と卑下する心があるのなら、

 

どうしてそう思うのかを

 

じっくりと眺めて感じてみてください。

 

それと共に、

 

心を解き放つ方向に意識を向けましょう。

 

自分自身を観察し眺めることと

 

解き放つことを同時に行わなければ

 

心は雁字搦めとなり、

 

迷宮に入ってしまうでしょう。

 

 

 

自らを神のように大切にすることは

 

自分自神とすることです。

 

それは

 

外側の神と内側の神が統合することであり、

 

あなたの世界が対立から調和へと

 

変容することです。

 

あなたが内なるあなた自身と

 

本当になかよくなるためには、

 

自分自身を裏切ることや

 

無意識に嘘をつくことを

 

止めてゆく必要があります。

 

あなたがあなた自身を謀っているのに、

 

どうして他の人のことを

 

心から信頼することができるのでしょう?

 

 

 

自らを心から信頼する人は、

 

もし裏切られたとしても

 

そのことが自分自身の大切な魂・・・・・・

 

根幹を傷つける訳ではないことを

 

知っています。

 

自らを心から信頼していない人は、

 

裏切られたことにより傷つき

 

相手を責めたり批判したりして

 

自分自身に非がないことを

 

何とか証明しようとします。

 

しかし、

 

そうした心が自分自身のことを

 

どれだけ傷つけるものかを知るべきです。

 

心を傷つけられるのは、

 

外側の人ではありません。

 

自分自身の思考習慣・・・・・・

 

認識によってしか

 

傷つけることはできないのです。

 

 

 

そのことを知るならば、

 

あなたはすべてのことについて

 

他人や社会や所属している組織の責任ではなく、

 

あなた自身にその責があるのだとわかるでしょう。

 

 

 

自らの心を俯瞰し、

 

捉われた心から解放され。

 

あなたがあなたの人生を生きる

 

真の自由と責任を有していることを

 

知ってゆく時なのです。

 

 

 

本当は皆知っていることです。

 

しかし、

 

この世の中の想念によって

 

本当の純粋な想いが

 

見えなくなっているだけなのです。

 

しかし、今、

 

氣づいていることから目を逸らさないで、

 

まっすぐに見つめてゆく、

 

自分自身を謀ることから離れ、

 

真に自分自身が望むこと、

 

どのように生きるのかを

 

しっかりと自覚し目覚める時が訪れています。

 

 

 

自らがどういう世界を生きたいのか

 

どういう人たちとつながりを構築してゆくのか

 

何となく・・・・・・

 

仕方なく・・・・・・

 

そういう思いでいることが、

 

相手にとっても自分にとっても

 

どれほど失礼なことなのかを知ってください。

 

 

 

外側に対して妥協をしている時、

 

自らの心を謀り妥協していることを

 

感じてみてください。

 

どれほどの嘘を自らに課しているのかを

 

感じてみてください。

  

そして、

 

そうした嘘がどれほど深く

 

自らの心を痛め続けているのかを

 

よく見てください。

 

 

  

自らを信頼、尊重し大切に扱う時、

 

自分自身の秘めた可能性が開かれるのを

 

目撃してゆくことになるでしょう。

 

もしそういう人が自分の周りにいるのであれば、

 

見ている人にもそうした可能性が

 

秘められていることを告げているのです。

 

自らの思いを信頼しなければ

 

行動しなければ

 

種を蒔かなければ

 

可能性の芽も開きません。

 

誰が信じなくても、

 

自らの一番のサポーターとなり、

 

自分自身を信じてあげてください。

 

もし今行っていることが本当に

 

自分の望んでいることなのか、

 

信じられないし行動できないと感じるのなら、

 

情熱の源泉を見つめ、

 

その願いが本当に望んでいることなのか

 

その奥に隠れている本当の想いの

 

フェイクでないかを確かめることも

 

必要でしょう。

 

使命や天職というと、

 

とても耳障りのよいものですが、

 

どういった道に進むことになったとしても、

 

苦難と思えることは起こり得ます。

 

そういった中で

 

その苦難に負けないで進むには

 

真の情熱が必要です。

 

自らが本当に覚悟を決めた

 

使命、天職ならば、

 

何が起きたとしても

 

そのことを苦難だとは

 

受け取らないものでしょう。

 

 

 

自分自身に対していかにごまかし

 

嘘をついていることを知ること。

 

そして、

 

自分自身と他者を同等に尊重すること。

 

それができたなら、

 

自らの魂のブループリント、

 

人生の設計図につながりやすくなるでしょう。

 

 

 

 

 

眞穂乃の

ディバインセルフ*

2017.06.03 

自動書記 

 

 

 

*ディバインセルフ

 多次元的自己を超越した一源の光にもっとも近いレベル、神聖次元の自分自身=ハイアーセルフ

 

 

 

 

 

Message from 大天使メタトロン 2017.3.28〔おひつじ座新月〕

 

f:id:LSM:20170222201218j:plain

 

 

 

今、この時期、とても順調に物事が進んでいるように感じる人もいれば、そうでない人・・・・・・何かしら困難に見舞われている人もいることでしょう。

 

順調に進んでいる人はおめでとうございます。

 

そのまま心の導きのままにお進みになってください。

 

そうでない人・・・・・・何かしら困難に見舞われている人もいらっしゃることと思います。

 

ご自分が周りと比べてとても遅れを取っているようなお氣持ちになられたり、もしくはどうして自分ばかりこういうことが起こるのか?自分自身を不甲斐なく感じたり、情けなくなったりしている人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

生き方、人生に対する見つめ方などを問われているかのような深刻に思える状況においては、そのことを前向きに捉えることは難しく感じるかもしれません。

 

しかし、順調に進んでいるように見える人と同様に、あなたは祝福を受けていることを少しでも感じていただけたらと思っています。

 

人はよいと感じることが起こると嬉しく祝福されている氣持ちになります。

 

一見すると困難だったりトラブルだったりすることが自分の身に起こった時、自分は神に見放されているのではないか?とか、自分の生き方のどこがいけなかったのか?と、ネガティブな側面にばかりフォーカスしてしまいます。

 

しかし、実際には物事にはよいも悪いもありません。

 

なので、今、困難なことが起こっていたり、トラブルに見舞われているとしても、それはあなたの成長、氣づきを促すためのものであり、あなたを罰するために起こっている訳ではないことをご理解いただければと思います。

 

その出来事が起こることでわかることがあったり、以前よりも自分が強くなっていることがわかったり、認識の仕方が変わっていることを確認できたり・・・・・・

 

起こっている現象を見つめる視点を変えてみると、あなたに与えられているギフトが見えてくるものなのです。

 

ご自分が求めるものが来ないから、望んでいることとは違っているからという観点で物事を判断しているから、現象から与えられるギフトが見えなくなっているのです。

 

 

 

与えられているギフトは、人間的な感覚で判断するとよいことだとは限りません。

 

現象が与えてくれているギフトを受け取ることができるか否かは、人間の認識次第なのです。

 

現象をネガティブな側面から見つめるか、それともポジティブな側面から見つめるか?

 

現象は何も変わらなくても、その物事をどの側面から見つめているかによって、受け取るギフトはまったく異なってくるのです。

 

 

 

前提として、すべては光であり愛です。

 

現象として起こることは、すべて人の精神性、意識の拡大を促すためのものです。

 

それをどのように受け取るかはその人次第となりますが・・・・・・

 

現象があなたに与えているギフト、この現象が自分に与えようとしている示唆とは一体何なのか?その視点ですべての現象を見つめてみてください。

 

人の認識は非常に狭いものですが、それを体験を通して拡げてゆくことが人間としての学びです。

 

肉体という、ある意味で限定された器に入ることにより、エネルギー体で存在する時には体験できない様々な限定された条件や限界があります。

 

その感覚の中だからこそ体験できることがあり、そのバラエティを経験しながら地球の波動を上昇させることに貢献するために人は生きています。

 

自分自身のことを知り、自分の本質に還る体験をすることで、あなたは宇宙に大きく貢献しているのです。

 

外側でどれだけ大きなことをしているかが重要なのではありません。

 

もちろん、そういう役割を持って働くことも素晴らしいことには違いありません。

 

そうではなくても、あなたがあなたらしく、自己信頼に基づいて調和した生き方をしているのなら、それだけで十分に貢献となっていることを知っていただきたいのです。

 

外側にどれだけ影響するのかは、それぞれの魂の趣味のようなものだと捉えてください。

 

お花でも大輪のバラのように目立つ花もあれば、野辺にひっそりと咲く花もありますが、それのどれが素晴らしくて、どれが素晴らしくないなどということはないのです。

 

そういう様に決めて考えるのは、人間的な心が創り出したものです。

 

 

 

これから先、益々、ご自分らしく在ることが大切な要素となってくるでしょう。

 

あなたの心が本当は何を求めているのか?何を望んでいるのか?それを見極める必要があります。

 

世間に、周りの価値観によって創られたフェイクの価値観や感覚に捉われて、本当のあなたの望み、求めていることから離れているのではないですか?

 

本当に自分が望んでいること、求めていることとはまったく違うことにフォーカスしているのかも知れません。

 

もし、いくら努力しても、いくら頑張っても上手く行かない、スムーズに進まないという時には、本当にそれが自分が望んでいることなのかを今一度見つめてみる必要があるでしょう。

 

こういうことがよいことだと周りが言っているから・・・・・・と、本当の自分の心から離れていることは、あなたが存在するだけで幸せだと感じることから遠ざけているのです。

 

あなたが本当の自分の望み、求めているものとつながった時、あなたはただ存在するだけで周りの人たちに幸せを与える人となります。

 

ただ存在するだけで幸せであることは、あなたが思う以上に大きな波動となって世界に伝わってゆくのです。

 

人は見た目に派手な物事に翻弄されがちです。

 

しかし見た目にどれだけ幸せそうに見えても、本当に幸せであるかどうかはまた別のことなのです。

 

本当の幸せとは、何かがあるからとか、何かをしているからとか、そういった類のものではありません。

 

あなたの持っているものや、あなたを取り巻く状況はあまり関係ないのです。

 

本当に幸せな人は、状況がどうであれ幸せなのです。

 

いくらたくさんのものを持っていたとしても、いくらたくさんの人から賞賛されていたとしても、幸せでない人はたくさんいるのです。

 

 

 

あなたが真に幸せな人となれば、状況は一切関係なくなるのです。

 

何を達成するだとか、何を手に入れるだとか、そういったことは一切関係のない状態で、ただ存在するだけで幸せなのです。

 

それが条件付けのない、理由のない幸せなのです。

 



今起こっていることの中にいちいち理由を探そうとしないで、じっくり俯瞰してご覧になっていただければと思います。

 

外側の追求も、内側の探求も、どちらも等しく大切なことです。

 

外側で起こっている現象を人間軸でジャッジしてしまうのではなく、それはあなたに与えられた最上級のギフトなのだと考えてみてください。

 

そうすると、これまでの感じ方、捉え方とは少し違う側面が見えて来るでしょう。

 

 

 

大天使メタトロン

2017.3.28

おひつじ座 新月

自動書記

 

 

 

 

 

Message from アルクトゥールス・カウンシル

 

Q: 

インドでゴールデン・オーブ・ディクシャという至高の光のエネルギーのアチューンメントを受けてきました。 

 

このエネルギーを使えれば、他のエネルギーは不要となるのでしょうか?

 

 

*+・+*+・+*+・+*+・+*+・+*+・+*+・+*+・+*+・+*+・+*

 

 

A:

あなたがワークで使っている名称”光と虹”の関係性を見て。

 

至高の光から直接受け取るエネルギーがあれば、それですべて事が済むといえばそうでしょう。

 

しかし、それ以外のエネルギーは虹の分光されたそれぞれの色のようなもので、専門性や特徴があります。

 

あなたが至高の光からのエネルギーのみに特化したいと心から願うのなら、そうすればいいですが、心のどこかでそうではなく、それぞれに役割があることをわかっているはずです。

 

星々のエネルギー、聖なる存在のエネルギー、その他由来のエネルギー、それぞれに素晴らしい特徴があり、それに感応することで起こる氣づきや癒し、目覚めがあるでしょう。

 

大切なのは、何かを決めつけてしまわないで、柔軟に見ることです。

 

宇宙の感覚から見れば、人間の今の思考の状況は、かなり変わってきているとはいえ、とても特殊なのですから・・・・・。

 

人間のスタンダードなものの見方と宇宙の法則はかけ離れていたり、正反対だったりします。

 

人間が考えるほど制限が多くはないのです、宇宙は。

 

宇宙はとてもシンプルで、人間の心ほど複雑ではないのです・・・・・・。

 

至高の光のエネルギーと同様に、その他のエネルギーも素晴らしく、それぞれの役割があります。

 

ですから、これまで使ってきた、また新たに感応するものを柔軟に受け入れて、必要なものを使うようにすればいいのですよ。

 

すべてはあなた次第ですが。

 

 

 

 

 

アルクトゥールス・カウンシル

 

 ※カウンシル・・・評議会、協議会

  councilの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

 

 

 

 

Message from ディバインセルフ 2017.03.05

 

 

現状、自分に与えられている状況の中で、あなたはすぐに頭の中で作り出されるストーリーに巻き込まれます。

 

ストーリーに巻き込まれれば、あなたの意識状態は非常に低下します。

 

それは、あなたにとって悪循環をもたらします。

 

なぜならば、意識状態が低下してしまうと、どうしてもネガティブなことに意識が着目するようになりやすいのです。

 

そういった状況の中では、あなたに与えられているギフトを受け取ることができないからです。

 

現象はただ起こっているだけです。

 

その中に様々なものを見出すのは、人の認識の力によるものです。

 

その、本来は色のない中に色を見出してゆく時、意識状態が低下していると、どうしても物事のネガティブな側面にばかり着目してしまい、あなたの本来持っているやさしさや相手を思い遣る氣持ちが発揮されにくくなってしまいます。

 

意識状態が低くなっている時、あなたの視点は物事に過剰にフォーカスされたものとなっています。

 

過剰にフォーカスされているということはどういうことかと申しますと、限られた観点からしか物事が見えていないということです。

 

物事にズームインしている状態・・・・・・つまりは、没頭してしまっている状態といえるでしょうね。

 

その様な状態になってしまうと、あなたは物事のとても狭い範囲しか認識しておらず、非常に自分の認識に囚われている状態となっているのですが、そのことに自分では氣づくことがなかなかできません。

 

ズームインしている状態で物事を捉える時、あなたは自分の状況を悲観的に捉え、その悲観的に見える状況から、あなたを主演とした悲劇のヒロインのストーリーを構築するようになります。

 

あなたの頭の中では脳内劇場が開演していて、その脳内劇場で構築されるストーリーの虜となり浸り続けるのです。

 

それは、ストーリーに巻き込まれている状態です。

 

あなたは、マインドが作り出すストーリーに巻き込まれ、悲劇のヒロインとして現状を嘆き、そしてその感情の中に埋没してゆくのです。

 

そういうことが、どれだけあなたのエネルギーを奪うかを考えたことがあるでしょうか?

 

あなたにできることは今、この時に与えられていること、できることに集中して行うことしかありません。

 

しかし、ストーリーに巻き込まれてしまうと、あなたは過去を生きるようになります。

 

頭の中に作り出した過去、記憶の中の過去を生きている状態となるのです。

 

または、まだ起こりもしない未来を危惧し、不安を投影した未来を頭の中で創造し続けるのです。

 

それが、今あなたが本当に力を注ぐ必要があることに対して力を注ぐことを妨げているのかを見てください。

 

あなたが今、この時に最大限に力を発揮できるかどうかは、あなたの持つ力をいかに今この瞬間に注いでいるかどうか、ただそれだけです。

 

無為に・・・・・・無意識に過去や未来に意識を彷徨わせ、もしこうしていたらもっと上手くいったのかもしれない・・・・・・と、考えてもそうはならないことを考え続けることや、まだ何も行っていないことに不安を募らせて、その不安にエネルギーを奪われている状態は、本当に生きていると言えるのでしょうか?

 

あなたが人生を生きる時、あなたが選択したことはどんなことであっても、それが最高最善の選択なのです。

 

人間は失敗したくない、恥をかきたくないと思い、それを避けようとしますが、そういう思いが自分自身から力を奪い取っていることを知る必要があるでしょう。

 

あなたから力を奪っているのは、あなたの考え・・・・・・後悔や罪悪感などに無意識に捉われている状態です。

 

自分の選択を信じることができないから、失敗した時には自分の選択が悪かったと考え、もし違う選択をしていたらもっと違った結果になったかもしれない・・・・・・という後悔と自責の念に捉われ続けるのです。

 

後悔や自責の念に捉われている状態は、本来持っているエネルギーを奪ってゆくので、あなたの持つ力は枯渇してゆきます。

 

そうすると、あなたには今ここに注ぐべきエネルギーが残されない・・・・・・ということになります。

 

顕在意識的には必死に頑張ろうとしていても、あなたにはエネルギーが残されていないので、頑張ることができないのです。

 

またその状況を嘆き、後悔し自分を責める・・・・・・悪循環です。

 

そうした悪循環から抜け出してゆくことが必要です。

 

あなたはもっともっと拡がりのある視点から物事を眺める、俯瞰することを覚える必要があるのです。

 

それには、今まであなたがどれ程偏狭な意識に閉じ篭って生きてきたのかに氣づくことが必要なのです。

 

自分のものの見方が偏っているかもしれない、無意識に狭まっているかもしれない・・・・・・・そのことに氣づくことができる意識で在ることが必要なのです。

 

人間なので、様々なコンディションによってあなたたちの意識状態が変化することは何も悪いことではありません。

 

問題となるのは、自分が様々な条件、コンディションによって意識状態が変化しているかもしれないこと、低くなっているかもしれないことに氣づけないことが最もやっかいなことなのです。

 

自分は完璧ですという人がいたなら、それは大きな間違いです。

 

人間として肉体を持って生きているということは、あなたたちの意識は様々な条件やコンディションによって変化するのです。

 

肉体を持たない、意識だけの存在とは違うのです。

 

そのことをわかっていなければ、自分自身の認識の歪みに氣づけなくなってゆきます。

 

自分が正しい、相手が間違っているという、相手にばかり非を押し付けて、自分の非を認めようとしない意識では、現象の中に神聖なる存在が与えているギフトに氣づくことはできないでしょう。

 

誰も自分の正しさを立証しようとする必要はないのです。

 

何故なら、そういったジャッジをする指標というのは非常に曖昧なもので、本来は誰も悪くないからです。

 

あなたにとっての正しさは、万人にとっての正しさではありません。

 

あなたがその正しさの指標で他者を裁いている時、あなた自身が自分を裁いてその考えの枠の中に無意識に自分を閉じ込めようとしているのです。

 

そういった自分自身の認識により作られた小さな鳥かごから早く出て、もっともっと拡がりのある観点からすべてのことを俯瞰するようにしてゆきましょう。

 

あなたがストーリーに巻き込まれ、悲劇のヒロインになってしまう時、視野が狭くなっていて全体を見ることができていないのだと知ってください。

 

ストーリーに巻き込まれないようにするためには、マインドが作り出す深刻さに巻き込まれないようにすることです。

 

人は物事を見る時、切羽詰ってくると特にマインドの作り出す深刻さに埋没してしまいます。

 

深刻さに埋没している時というのは、必ず頭の中にストーリーを構築しているのです。

 

マインドが作り出す深刻なムードから離れて、深刻さに巻き込まれないようにしてください。

 

そして、起こっていることを客観視して笑い飛ばすこと。

 

笑い飛ばすまではできなくても、深刻さに巻き込まれないように意識してゆくだけでもかなり感覚が違ってくることでしょう。

 

深刻さに巻き込まれ、ストーリーを頭の中で作り続けることは、間違いなくあなたのエネルギーを奪っているのです。

 

そのことに氣づくこと・・・・・・無意識の行動や行為を意識化してゆくことが大切なのです。

 

 

 

 

2017.03.05

眞穂乃-MAHONO-

ディバインセルフ〔神聖次元の自己〕

メッセージ◆自動書記◆

 

 

 

f:id:LSM:20161208205626j:plain

 

 

~with all of my heart~ 

 

Soul Creation Artist

眞穂乃 -MAHONO-

 

 

 

 

 

 

 

Message from 聖母マリア 2016.12.23

 

これまで怖れから選ぼうとしなかったこと、

 

避け続けてきたことにしっかりと向き合う

 

準備が出来た者から、

 

この先、新たな世界が拓けてゆきます。

 

 

 

自分の中の多くの思い込みや観念の枠を

 

手放すためにエネルギーを使っていたのが、

 

これから先は、

 

もっと自分がこれをしたら楽しい!

 

これができたら最高!

 

と思うこと・・・・・・よりポジティブな意識に

 

エネルギーを使うようになってくるでしょう。

 

それはネガティブを避けようとするのではなく、

 

ポジティブもネガティブも同じように

 

自分を構成する要素であると

 

真に受け入れた先に起こることです。

 

ポジティブであることをよしとして、

 

ネガティブから逃げようとするから

 

いつまでも追いかけてくるので、

 

自分がそこから逃げなければ、

 

実は考えているより怖くないことや、

 

以前より自分はずっと強くなっていることや、

 

もう怯えなくても大丈夫なのだということが

 

おわかりになります。

 

もしここまでに向き合うことを

 

避けてきていたとしても、

 

今からでも遅くはありません。

 

自分が見ることを避けていること、

 

無意識にスルーしていることに

 

逃げずに意識を向けて見つめてみてください。

 

魔物だと感じているものは、

 

実はあなたに声を聞いてもらいたいと願う

 

とても小さな小さな妖精かもしれません。

 

怖れる氣持ちのフィルターが

 

本当は小さなかわいい妖精を

 

魔物に見せているだけなのかもしれません。

 

 

 

この冬至を越えて、

 

各々のものの見え方に変容が訪れています。

 

これまでは見えていなかったことが、

 

見えるようになってきたり、

 

氣づけなかったことに

 

氣づけるようになってくるでしょう。

 

自分自身が何物にも捉われずに

 

心をオープンにしていれば、

 

一段とあなたの魂がキラキラと

 

輝きを増すようになってゆきます。

 

 

 

表面上のものに惑わされないように。

 

本質を見極める目を養い続けましょう。

 

より一層、様々なものが入り混じり、

 

跋扈する現象界の中を生きるのですから、

 

真実を見極める確かな目を持つことが

 

これからは必須となってゆくのです。

 

目を見れば、

 

その者の本心が透け見えるはずです。

 

 

 

どういう心根の者とつながりを持つかが

 

これより先はさらに大切になってくるのです。

 

つながり、助け合い、融和、慈愛、貢献・・・・・・

 

本当に愛を生きるならば、

 

多様性を受け入れながら、

 

ご自分のハートが真に共鳴する相手との

 

つながりを大切にしてゆきましょう。

 

自分自身が何を大切にして生きてゆくのか。

 

どういう世界を生きたいと願うのか。

 

新たな年を程なく迎えるにあたり、

 

ご自分の中でよく考える時間を

 

持つようにしてください。

 

 

 

聖母マリア 

2016.12.23 

自動書記

 

 

 

 

f:id:LSM:20161208205626j:plain

 

 

~with all of my heart~ 

 

Soul Creation Artist

眞穂乃 -MAHONO-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Message from 大天使ザドキエル 2016.12.16

 

今、この時期、

様々な出来事が起こり、

様々な感情が湧き上がってきて、

コントロールできていると

思っていたことが、

まったく手に負えないと感じたり、

どうしたらいいのかわからない・・・・・・

と思うことが多く起こっているでしょう。

 

起こることは、

それぞれ違っているのですが、

その根本にあるのは、

それぞれの状況の中で

自分自身に目覚める時が来ている

ということです。

 

それぞれが無意識に染み付いている

過去からの習慣を意識化・・・・・・

つまり潜在意識下で働いていたものが

顕在意識により認知されるように

現象化されてきているということです。

 

無意識に行っている習慣は

氣づかないので変えることが難しいので、

氣づくようにと現象として目の前に

現れているのです。

 

エネルギーが昇華されてゆく

ために起こっていることなので

決して悲観しないでください。

 

人によっては

辛く悲しく投げ出したくなる

ことがあるかもしれませんが・・・・・・

 

決してあなたを追い詰めようとして

起こっていることではないのだと

信じてください。

 

物事はただ起こっているだけなので、

すべてがフラットです。

 

すべてはとてもシンプルなのですが・・・・・・

人間の意識が物事を複雑化するのです。

 

認識は人の数だけあるということを

理解してください。

 

それが何を示しているのかというと、

世間はこう見るだろう・・・・・・

周りからどう見られるだろう・・・・・・

などということに捉われるほど

無駄なことはないということです。

 

誰の目を氣にしているのでしょう?

その誰かとは一体誰なんでしょう?

 

それは他ならぬあなた自身です。

 

周りからどう見られるか・・・・・・

と考える自分自身に捉われている

ことに氣づけば、

それが如何に不自然なことなのかが

わかるでしょう。

 

感じることを封じ込めないで、

あなたが自然に感じることを

許してあげてください。

 

それが善いことでも

悪いことでも・・・・・・

 

感じてあげていない

悪いと決めているその想いは・・・・・・

受け止めて貰えないので

行き場を無くしているのですから。

 

あぁ、

今の私はそう感じるんだな・・・・・・

ただそれだけのことなのですから。

 

あなたが感じることは、

あなたが今どういう状態なのかを

教えてくれるものです。

 

感じること・・・・・・

感情に巻き込まれてしまうと、

あなたの人生のストーリーを

俯瞰して見つめることが

できなくなってしまいます。

 

感情が知らせてくれることを

その情報をしっかりと見つめて

受け止めてみると、

抵抗していた時には

見えていなかったものが

見えるはずです。

 

あなたのすべて・・・・・・

あなたが感じること。

 

そこに分け隔てなどせずに

丸ごとすべてを認めると、

ポジティブを愛し

ネガティブを嫌う

そういう分け隔てが・・・・・・

境界線が消えてゆくのです・・・・・・

 

あなたが感じることを

そのすべてをすぐに受け入れて

愛することはできなかったとしても、

慈しむことはできるでしょう。

 

慈しみ尊重し認めること

それがあなたの中のエネルギーを

昇華させてゆくでしょう。

 

けれどもし、

行おうとしてもできなかったことを

悔やむことはありません。

 

できなかったことを認めて

そういう状態なのだと

淡々と認めてゆけばいいのです。

 

どのような状況であったとしても

自分自身を責めることはありません。

 

反省することと責めることは

同じことではありません。

 

私は自分のことを責め続ける人を

その状況から離れるように促し

真の自立へと誘う者です。

 

もしあなたがどこか奥深く・・・・・・

潜在的な部分で自分自身を

責め続けているのなら、

私を心の中でお呼びください。

 

自分自身を責め続けていることに

氣づいていない・・・・・・

自分がどうなのかわからない場合、

心の中で私を呼び

自分が氣づけるように 

お知らせしてください。

 

そう、

『私にわかるようにお知らせしてください』

とお願いしてください。

 

 

 

大天使ザドキエル 

2016.12.16 

自動書記

 

 

 

 

f:id:LSM:20161208205626j:plain

 

 

~with all of my heart~ 

 

Soul Creation Artist

眞穂乃 -MAHONO-

 

 

 

 

セカンドブログはじめます♡

MAHONOです。



突然ですが、

新たなブログをはじめます。

よろしくお願い致します(*ov.v)o♡



こちらのブログでは一体

何を書くのかと申しますと、

高次の存在やスピリットガイドから

受け取ったメッセージを

公開して行きます。



以前のブログでしばらく

ずっと続けていた自動書記で

受け取ったメッセージのシェア

divine-works.jugem.jp



を改めてこちらの別ブログで

はじめることになりました。




今日、

一粒万倍日&天赦日だったので、

兵庫県西宮市にある廣田神社

行ってきました。



以前から

『メッセージを自分の中だけで

留めておかずにシェアして』

というスピリットガイド マーラの

メッセージは受け取ってはいたのですが、

色々ありましてスルーしていました。

(ごめんねマーラ)



しかし先日、

奈良県吉野にある

國軸山金峯山寺(きんぷせんじ)の

蔵王堂に金剛蔵王大権現に

お逢いしに行った際に、

様々な抵抗因子が剥がれ落ちました。



そして今日。

廣田神社にお伺いした際に、

『新たなブログを今日作る』

というメッセージが。



夜になってマーラから

『メッセージを書きはじめるのは

後日からで構わないから

ブログを作るのは絶対に今日。

ともかく今日作ってはじめて!』

ということで・・・・・・

慌てて作成した次第です。



何故にここまで急かされるのか

よくわからなかったのですが、

どうやら今日は色んな意味で

物事をはじめたり

決めて実行するのに

最善の日のようですね。



よくわかりませんが、

流れに乗ってはじめてみます。



以前の私なら、


『こんなの書いて見てくれる人いるの?』

『誰も必要とされないのなら意味がない』


とか、色々考えてたと思うのです。

もう、怪しさしかないでしょう?



でも今は、

『まぁ、ともかくやってみないと

わからないので、はじめてみてから

考えよう~』

という感覚です。



既にあるフラワーオブライフの中に

メッセージの項を追加してやればいいのでは?

とちょこっと思いましたが、

こちらの内容は独立していた方が

いいらしいです。

(何でかは教えてくれない・・・・・・)



まぁ、そんな訳で。

新たにスタートします。



目標は毎日更新~とか、

無理難題をさらっと押しつけようと

してきますが、

当面は時間の取れる時に。



放置にならないようにします。



後々には日々のメッセージを

載せられるようにしてゆければ

いいな~と密かに思っていますが、

さてさて一体どうなるでしょうか?



ともかく、

一粒万倍日&天赦日にスタートします♡



どうぞよろしくお願い致します(*ov.v)o♡





f:id:LSM:20161208205626j:plain


Soul Creation Artist
MAHONO